返信する: 各話のコメント
お舟にもうし についてのコメント&レビュー投稿
昔瀬戸内の海に由利島という小さな島があった。由利島には不思議な言い伝えがあった。 それは真夜中ともなると、潮待ちで止まっている舟に「お船にもうし…お船にもうし…」...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
「ザ!鉄腕DASH!!のDASH島が『お舟もうし』の『由利島』ではないか」という事について。
投稿者: マルコ 投稿日時: 2014/2/3 16:36

まんが日本昔ばなし研究所の書き込みで気になっていた「ザ!鉄腕DASH!!のDASH島が『お舟もうし』の『由利島』ではないか」という事。

『由利島』と『DASH島』地図で見てみたら同じではないかと思うほどよく似ている!!二つの島がつながっているところなんかが特に・・・。

これにはビックリだが・・・『DASH島』は『DASH島』としか書かれておらず、本当のところはわからない・・・。

http://www.ntv.co.jp/dash/
に『DASH島』について詳しく乗っています!!

ついでに
http://home.e-catv.ne.jp/naka/mukasi-hanasi/densetu/fune-ni-mousi/hune-ni-mousi-yurisima.htm
より引用

お舟にもうし (由利島に伝わる話)
今は無人島の『由利島』は、松山港の沖合いの伊予灘にあり、大小二つの島が砂州でつながり、それぞれ大由利、小由利と呼ばれ、面積は0.45k㎡。 その『由利島」に伝わる話。

 昔々のこと、瀬戸内海を行き来する舟は、潮まちをするために『由利島』の南の端に舟を止めていた。

 潮まちの舟に向かって、どこか遠くから、美しい女の声で幾度となく 「お舟に申すぅ」 「お舟に申すぅ」と、少し陰にこもった声が近づいてきていた。

舟の者たちは、恐れ「ばけもんじゃ」、「ばけもんの声じゃ」と慌てていかりを揚げて島を離れていた。

 こんな話が広がって、近くを通る舟の船頭たちは、「由利島にだけは舟を止めるな。あそこには、化けもんがおるでの」と潮まちをしなければならない程流れが悪くても『由利島』へ行かなかった。

 ところがある時のこと、それを知ってか知らずか、一艘の舟が、急に変わった潮に流され『由利島』に錨をおろした。「やぁれ、困ったものじゃ、このあんばいじゃ、夜明けまでまっとらんといけん。ゆっくり身体を休めておけや。」という訳で、早々と眠りについた・・・。

 真夜中のこと、山の中腹とおぼしき辺りから「お舟に申すぅ」 「お舟に申すぅ」と、少し陰にこもった声がして、舟の方に近づいてくる。

 その声に目を覚ました船乗りたちは、眠い目をこすりながら、舟から島のほうを見ると、この世のものと思われぬ美しい女が、陰にこもった気持ちの悪い声で「お舟に申すぅ」 「お舟に申すぅ」と、言いながら走ってくる。

 逃げようにも錨をあげる隙もない。あっという間に女は舟に飛び移った。そのとたんドン・ガラ・ビシーン となんとも凄い音がして、舟がぐらっと揺れた。 船乗り達は、いっとき目をつむり、おそるおそる目を開けた。 女の乗った辺りを見ると、女の姿は無く、まばゆい光が、舟を明るくしている。

 船乗り達は、おそるおそる声もたてずに光の方に近づいて行った。 なんと、そこには金・銀・銅の銭が、どーんとかたまっていた。 「あじゃぁ、これはどげんしたちゅうこっちゃぁ。」
 しばらくして舟長(ふなおさ)が言った。 「ほうじゃぁ、あの女、わしらの舟が大阪に行くのを知りおって、大阪につれて行ってもらいたいもんで、『お舟にもうすぅ。』と、言うたんじゃ。のう、みなの衆・舟を沈まさんように、大阪まで旅しょうや。」 「ほうか、この銭、大阪までの舟賃という訳じゃな。」

 という訳で夜明けになると舟をだした。 何日もかかって無事大阪に着いた。 「はて、このぎょうさんの銭で何をしようのう。」と舟乗りたちは、相談した。 「そうじゃぁ、わしら舟乗りじゃけん、舟具屋さんなら、いい品が置けるがのぉ。」ということで舟具屋を始めた。屋号も『由利島』の銭で出来た店なもので【由利屋】と名付け、店は繁盛したと云う。

 『由利島』は今は無人島であるが、昔は、長者屋敷があり、その一角に≪お舟にもうし≫という地名が残っていたという

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)