返信する: 各話のコメント
牛若丸 についてのコメント&レビュー投稿
源氏の総大将源義朝は平氏の手によって討たれ、その妻常盤は今若、乙若、牛若の三人の子どもとともに捕まり、平清盛の前に連れ出された。清盛は子ども達の首をはねるように命じるが...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
牛若丸
投稿者: マルコ 投稿日時: 2013/12/8 8:03

このお話では、義経は見事壇ノ浦で平家を滅ぼし、積年の本懐を遂げたのであった・・・。
ってかっこよく終わってますけど。義経はお兄さんの頼朝と不和になって、奥州で死んでしまうのですよね・・・。
判官びいきって言葉は、平家打倒に尽力した義経が兄頼朝ににくまれて、奥州で殺されてしまった、ということに世間の人々が同情して生まれた言葉らしいです。

義経と頼朝のお父さんについても書き込みします。

源 義朝は、平安時代末期の河内源氏の武将。源為義の長男。母は白河院近臣である藤原忠清の娘。源頼朝・源義経らの父。

源義家の死後、河内源氏は内紛によって都での地位を凋落させていた。都から東国へ下向した義朝は、在地豪族を組織して勢力を伸ばし、再び都へ戻って下野守に任じられる。東国武士団を率いて保元の乱で戦功を挙げ、左馬頭に任じられて名を挙げるが、3年後の平治の乱で藤原信頼方に与して敗北し、都を落ち延びる道中尾張国で家人に裏切られ謀殺された。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)