返信する: 各話のコメント
安珍清姫 についてのコメント&レビュー投稿
昔、安珍という若いお坊さんが、熊野大社(くまのたいしゃ)へお参りする途中、庄屋さんの家に一晩泊めてもらった。庄屋さんの一人娘の清姫と出会い、二人とも強く心惹かれあった。...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 安珍清姫
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2013/11/8 3:07

文献によると清姫は13歳
大蛇になるほどの執念を13歳でもつなんて…
ちなみに歌舞伎で有名な「京鹿ノ子道成寺」はこの話の400年後のお話で
400年かけて完成した鐘の供養の日に白拍子(清姫の怨霊)が現れまた燃やしてしまうという話
たった数日の片思いの恋が400年も続くなんて…一途も大概にしろ!!

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)