返信する: 各話のコメント
大黒さま白ねずみ についてのコメント&レビュー投稿
昔々、下野(しもつけ)の国のある所に、それは仲の良い爺さまと婆さまが住んでいた。2人はたいそう信心深く、朝な夕なに必ず畑の側の大黒さまに手を合わせていた。 ところが、もう...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
大黒さま白ねずみ
投稿者: マルコ 投稿日時: 2013/10/6 1:01

田中正造の最愛の弟子 嶋田宗三が集めた文書展示 佐野


【佐野】晩年の田中正造の手足となって行動し、最期をみとった谷中村残留民嶋田宗三(1889~1980年)が収集した資料による企画展「田中正造と共に~嶋田宗三家文書からたどる」が5日、大橋町の市郷土博物館で始まる。

 正造の葬儀における大隈重信らの弔辞文のほか、最晩年の日記、書簡、新たに見つかった支援者の日記など約50点を展示。正造をより深く知ることができる貴重な資料が並ぶ。

 宗三は正造の没後、支援者らが持っていた膨大な日記や書簡を精力的に書き写したり収集して資料の散逸を防いだ。それらは「田中正造全集」(岩波書店)に収められ、現在の正造研究の礎を築いた。

 同展は、正造ゆかりの博物館として関連資料約1万点を所蔵する同館の開館30周年を記念して開かれる。宗三の子孫の故嶋田早苗さんが同館の初代館長を務め、嶋田家の資料の多くは同館に寄贈された。

 正造の没後100年にちなみ、数万人が訪れたという本葬での弔辞文を多く飾った。

 11月24日まで。月曜休館。入館料は一般210円。問い合わせは同館電話0283・22・5111。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

51 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)