返信する: 各話のコメント
蟹淵の化け蟹 についてのコメント&レビュー投稿
昔、能登の鍋谷川の川上に鍋谷(なべたに)と和気(わけ)という村があった。上流の鍋谷に比べて下流の和気の方は昔から干ばつに悩まされ続けており、雨が三日も降らないと土地が割れる...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
蟹淵の化け蟹
投稿者: マルコ 投稿日時: 2013/9/6 18:12

蟹淵の化け蟹の舞台になった蟹淵ってあるんですよね~!!
写真を見ましたけど、とても風景が美しい淵ですね!!

鍋谷地区に位置し、標高268メートル、周囲約200メートルを測る蟹淵は、自然の宝庫として知られるとともに、大蟹が棲むという伝承の地です。
通常1000メートル以上の高地に生息するルリイトトンボや、木々の上で卵を産むモリアオガエルなどの生息地で、市の天然記念物として指定されています。
コバルトブルーの水面は、今にも伝説の主の蟹が水を割って現れそうなほど神秘的な佇まいです。6月の降雨期には、モリアオガエルの白い卵塊が淵の周囲の木々をうめ、さながら白い花が咲いたようになります。夏、ルリイトトンボが乱舞し、オオルリボシヤンマの羽化が始まり、木々に縁取られた水辺は、四季の移ろいとともに様々な表情を見せてくれます。

アクセス
JR小松駅から車で約40分 小松ICから車で約35分


所在地 石川県能美市鍋谷町地内

能美市立博物館 0761-52-8050

http://55nomi.info/theme/shizen/ganbuti.html
に写真と詳しい情報有ります!!

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)