返信する: 各話のコメント
浅瀬ばなし についてのコメント&レビュー投稿
むかし三河の国の鵜飼島(うかいじま)に鵜を飼っておる金持ちの家があって、そこに一人の娘が奉公しておった。この娘、年頃になると村人も吃驚するような器量良しになった。ところ...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 浅瀬ばなし
投稿者: ゲスト 投稿日時: 2013/9/1 1:07

鳥居松の場所について
鳥居松の場所が違います。豊川市江島町(江村と鵜飼島村が合併して江島村となった)と東上町の間を流れる豊川の場所を示す言葉です。鳥居松の上流には『おりそ』と呼んだ深水のある場所もありました。鳥居松は現在の江島橋から上流400m辺りを示す地元の人だけが分かる地名で、地図には載っていません。小学生の頃上級生や大人たちが『とりまつ』と言っていたので、鳥松と思い込んでいました。中学生になると対岸にある鳥居と松で鳥居松ということを知りました。小学校にプールができるまでは江村子ども会の水泳場でした。物語の最後の一文にある『輪くぐり様』とは、現在は対岸東上町にある『わくぐり神社』(昔は江村地内にあったが度々の水害のため本宮山麓に移築の言い伝えあり)のことでその鳥居が対岸の堤防近くにあります。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

45 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)