返信する: 各話のコメント
子育てのいずみ についてのコメント&レビュー投稿
昔、福井の味真野(あじまの)というところに、太郎という男の子がいました。太郎の本当の母親は小さいころに死んでしまい、新しくきた母親に育てられました。しばらくすると次々に...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 子育てのいずみ
投稿者: Kotono Rena 投稿日時: 2013/7/17 10:39

初めて映像を見た時は、正直、継母を悪者扱いして見ていました。
けれど何回か見ていくうちに、苦悩と葛藤がありながらも女手一つで先妻の子と実子と分け隔てなく、育てようという覚悟が出来ていても愛したくても、愛せなかった継母の悲哀を感じるようになりました。

太郎も身の置き所が無く孤独で辛かっただろうし、継母に対する遠慮と恐怖にも似た思いから、話さないのではなく話せなかったのです。
結局、ふたりは心は通えず親子にはなれませんでした。
温かみのある家庭の中で、喜びも悲しみも分かち合ってこそ本当の家族ですよね。
成人し僧侶になった彼は、恵まれない子供たちの、希望の光となり、実の両親の菩提を弔う日々を送ったことでしょう。
継母も時折、太郎に会いに行ったと思います。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

52 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)