返信する: 各話のコメント
豆つぶころころ についてのコメント&レビュー投稿
正直者のお爺さんがかまど(竈)の中に豆を一粒落としてしまった。 お爺さんが「一粒の豆でも粗末にできない」と言って竈の中を探すと、ぽっかりと穴が空いて中に落ちてしまった。...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 豆つぶころころ
投稿者: MARIE 投稿日時: 2013/6/26 10:45

 小学生の時TVで見たことがあります。
 「おむすびころりん」などに見られる、おじいさんが宝物を持って帰ってきて、隣の欲張り爺さんもまねをしようとしても何ももらえなかったりするという、よくあるパターンの話ですね。

 正直で優しいおじいさんは純粋に良いことをしてそのお礼をもらい、幸福になります。
 これに対し、欲張りで意地悪なおじいさんは強引に自分の利益だけを求めようとしたので、結局何ももらえなかったり、自分がその行動の結果としてひどい目にあったりしたのでしょう。

 良いことをすれば幸福になり、悪いことをすれば不幸になる、ということを教えているのではないかと思います。


 赤い障子の家で、ネズミたちが「♪ニャ~という声聞きたくない ニャ~という声聞きたくない 」と歌っていて、その家で餅つきを手伝う場面は、『おむすびころりん』でおじいさんがネズミの穴に案内される所と似ていますね。


 

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)