返信する: 各話のコメント
十六人谷 についてのコメント&レビュー投稿
若い時の弥助(やすけ)は、木こりでした。 ある時、見知らぬ女が弥助の所へ「明日、谷にある柳を切らないで下さい」と、頼みにやってきました。仲間の通夜に参列してすっかり酔っ...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 十六人谷
投稿者: もみじ 投稿日時: 2013/6/19 15:04

この話は怖いですよね。(´Д`;)
柳の精霊?が出てくる前に、大蛇の話がでてたじゃないですか。
弥助の友達が「大蛇なんているわけねぇ」みたいなこと言った直後に
後ろにズルリと現れた大蛇に結構ビビったんですけど。

あれは一体なんだったのでしょうね。
そういう恐ろしいものが山にはたくさんいるんだよ…っていうことだけだったのかな?

大蛇の時も「山刀」を言い伝え通りきちんと持っていたから助かって、
若い時に復讐に訪れた柳の精霊?を振り払ったのも「山刀」だった…。
「山刀」を持っていたから50年もの間、
柳の精霊?に見つからなかったんじゃないか(・ω・)?
とも思ってみたり。

ただ、なんというか最期の弥助は、死ぬのが恐ろしくてあの時は逃げたけれども
今となっては「彼女に、最期にもう一度会いたかった」ような
そんなニュアンスの表現だったような気がするんですよね。(・ω・)

「本当に…美しい女だった」みたいなことを言っていた気がするし
最後も恐怖の顔ではなく、恍惚とした顔で死んでいたそうなので
あえて、話して、殺されることを受け入れたのでしょう(´-ω-`)

にしても、彼女の「あんたに頼めば、こんなことにはならずにすむと思ったのに」って
けっこう理不尽だよね(´-ω-`;)と思うのは私だけか。
頭領でもない木こり一人に、無茶ぶりするのはどうかと。
しかもまさか、あんなえぐい殺し方されるとは誰も思うまいて。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)