返信する: 各話のコメント
蛸薬師 についてのコメント&レビュー投稿
京都の永福寺に、善光(ぜんこう)という若いお坊さんと年老いた母親が住んでいました。 ある時、母親が大変重い病気になり、それを案じた善光は母親が食べたいという「タコ」を買...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
蛸薬師
投稿者: マルコ 投稿日時: 2013/3/25 14:50

観光サイトより引用
 
人の往来が激しい新京極にオアシスのようなたたずまいの蛸薬師堂。
病気平癒や厄難消除に霊験あらたかな蛸薬師如来を奉る。

蛸薬師堂にはこんな話が伝わる。
病気の母を持つ僧侶の善光は「大好きな蛸を食べれば病気が良くなるかもしれない」
という母の言葉に悩む。僧侶の身で蛸(なまもの)を買うことは許されない。

しかし、母を助けたい一心で善光は蛸を箱に入れ買ってしまう。
すると町の人々が後をつけて来て、箱の中をみせろと責め寄る。
困った善光が祈りながら箱を開けると蛸が八軸の経巻となり霊光を放った。
驚いた人々が合掌し、南無薬師如来と称えるとふたたび蛸に戻り、
御池に入って輝いた。その光が善光の母を癒したとのこと。

この蛸薬師如来様は身体、心の病気、子宝、財産などあらゆる願いを叶えてくれるとされる。


境内にはこんな貼り紙が。

「薬師堂永福寺は、昔より寺内に一歩踏み入れただけでも、
蛸薬師如来さまのご加護があると言われています。皆様に種々良いご縁がありますように。
又、いろいろな悩み、病気等でお困りの時は、お参り、ご祈祷にお越しください。」

やさしさに溢れたお寺さん。悩みはなくとも何度でも足を運んでしまいたくなる。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

48 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)