返信する: 各話のコメント
火なたに捨てられた木の実 についてのコメント&レビュー投稿
昔、ある山に炭焼きの夫婦がおりました。この夫婦には一人の幼い娘がおり、名を「花(はな)」と言いました。 冬も近づいた秋の頃、花が炊事の用意をしていた時のことです。狐がリ...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 火なたに捨てられた木の実
投稿者: 人狼 投稿日時: 2013/3/21 22:55

はじめまして。
初めて投稿させていただきます

地味な話ですが、説得力のあるお話ですね。
非常に懐かしいです。

素朴な味わいがあり好きな話です。
わらわら出てきた小さな小人たちや
最後に出てきた大きな化け物は、
何かいいたげな感じがしました。

化け物たちは少女に何を伝えたかったのでしょうか。
そういう意味ありげな終わりかたが素晴らしいです。
絵の雰囲気もまん日らしさがよく出ていて、
とても落ち着いていて丁寧で素晴らしかったです。

いま思えば親のいいつけを守ることの大切さは子供のときから知らず知らずのうちに
こういう話から自然に学んでいくのでしょうか。

もし不適切投稿であれば遠慮なく削除なさってください。<m(__)m>

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)