返信する: 各話のコメント
二人の甚五郎 についてのコメント&レビュー投稿
昔、飛騨の山奥に住んでいた佐吉という彫り物の上手な男が、腕試しの旅に出かけました。 旅の途中に泊まった宿屋の主人は、佐吉の腕前にたいへん感心して、彫り物の名人である左甚...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
「地方自治法施行60周年記念500円貨幣」のデザインとしてまん日の「二人の甚五郎」に登場する「眠り猫」が・・・。
投稿者: マルコ 投稿日時: 2013/1/18 22:36

まん日の「二人の甚五郎」に登場する「眠り猫」のご当地コインが発行されるみたいなので、詳しい情報を書き込みしますね!!

都道府県ごとに図柄が異なる「地方自治法施行60周年記念500円貨幣」のうち、栃木県の硬貨の引き換えが、銀行や信用金庫などの金融機関で16日から始まる。

 記念貨幣は2016年度にかけて、全国の自治体で順次発行されている。図柄は裏は共通で、表は自治体ごとに異なる。栃木県は日光東照宮の「眠り猫と雀」。発行枚数は180万枚で、約158万枚が引き換え分となる。

 初日の16日は引き換え枚数に制限があり、同じ日に引き換え開始の兵庫、大分県分と合わせ、1人につき各2枚、計6枚までとする。

 また、県立博物館(宇都宮市)や日光自然博物館(日光市)など県の施設の一部では、17日から希望者に500円分の釣り銭として渡したり、通常の500円硬貨と引き換えたりできる(各施設とも枚数に限りあり)。

(2013年1月14日14時25分 読売新聞より)

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)