返信する: 各話のコメント
金太郎 についてのコメント&レビュー投稿
むかしむかし、足柄山に金太郎という元気な男の子が乳母と一緒に暮らしていました。 金太郎は小さい時からクマやサルやシカといった動物たちと仲良くなり、乳母の乳をいっぱい飲ん...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: Re: 金太郎の別名 マルコさんへ
投稿者: araya 投稿日時: 2012/12/24 1:17

もみじさん

蛇足ですが、金太郎の話は近松門左衛門の『嫗山姥』から人口に膾炙するようになりましたので、江戸前期は「怪童丸」として描かれ、後期には「金太郎」という名も併用されるようになったみたいですね。
ご指摘のように、金太郎の方が分かりやすいというのもありますが、庶民的な親しみやすさと分かりやすさの両面から「金太郎」が使われ始めたのではないでしょうか。また、明治以降、怪童丸だと恐ろしい語感があるため、子供向けの話に向かないと判断されたのもあるでしょうし、童謡の金太郎が広まることで拍車がかかり、さらに主流となっていったようにも思われます。幼少の頃に聞いた童謡や昔話の影響力は絶大♪

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

30 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)