返信する: 各話のコメント
金太郎 についてのコメント&レビュー投稿
むかしむかし、足柄山に金太郎という元気な男の子が乳母と一緒に暮らしていました。 金太郎は小さい時からクマやサルやシカといった動物たちと仲良くなり、乳母の乳をいっぱい飲ん...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: ふたつの金太郎を見比べて
投稿者: ヴィアラクティア 投稿日時: 2012/12/22 12:11

76年版、90年版の金太郎を見比べての感想。

76年版の作画、演出は可愛らしさと親しみやすさでは
優っていますが、親子の絆、愛情の描き方が
乏しかった印象を受けました。
金太郎の子供時代をメインに描いただけですが。
母親も金太郎に対して愛情が全くないわけでは
ないのでしょうが、
「親はなくとも子は育つ」を地で行く母親なのかもしれません。


90年版の金太郎の作画、演出は
可愛らしさと親しみやすさには欠けていて
少々生々しさがあるものの、
親子の絆、愛情、金太郎の強さだけでなく
賢さと優しさが伝わります。
90年版は実の親子ではなく乳母と
主君(または雇い主)の息子という設定ですが
主君の子をわが身に変えても守り抜くという
彼女の並々ならぬ思いが伝わります。
主従関係を感じられないのは、
金太郎を守るためどこにでもいる普通の親子を装うとした
彼女のとった方法だったのでしょう。

乳母も金太郎に母乳を飲ませているということは
彼女にも実子がいたはずです。
乳母はいろいろな事情で実子と別れざるおえなかったから
金太郎と実子と重ねながら育てたのでしょう。

物語の終盤で金太郎は源頼光と対面します。
乳母は頼光を、金太郎を立派な男に育ててくれると人物とみて
彼を頼光に託したと思います。

90年版は波乱含みではあるけれど
立身出世のチャンスをつかんだ金太郎の物語ですね。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)