返信する: 各話のコメント
惚れぐすり についてのコメント&レビュー投稿
昔、和歌山のある山里に、茂平と熊蔵という若者がいました。性格が正反対な二人はとても仲良しで、気弱でのんびり屋の茂平は熊蔵の事を「兄貴、兄貴」と言って慕っていました。 あ...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 惚れぐすり
投稿者: パンチョ 投稿日時: 2012/11/29 1:25

ははは、面白い!
茂平が二度も娘さんに惚れ薬をかけそびれるあたり、なんか見てて脱力系の笑いがこみ上げてくるなぁ。

惚れ薬を安易に使ったせいで、大変な目にあってしまった茂平だったが、最後は自分の力で幸運を引き寄せたって事ですね。偉い。
やっぱり、意中の人は、惚れ薬なんかに頼らず、自分の力で振り向かせなきゃ。
と、思った。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)