返信する: 各話のコメント
穀の精 についてのコメント&レビュー投稿
むかし、四方を山で囲まれた小さな村がありましたが、この村は穀物が豊富であったために、村人は穀物を粗末に扱う癖がありました。 ある時、一人の坊さんがこの村を通りかかりまし...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 穀の精
投稿者: KK 投稿日時: 2012/11/5 22:04

この話は、自分の推測ですが岡山県美作市の大原町か粟倉村あたりの事だと思います。昨日、弟の試合で大原町に行ってきたのですが、なんとも自然豊かなところでした。この話の通り、四方が山に囲まれており、あたり一面田んぼですし、小さめな村です。粟倉村は、言った事はないのですが、こちらも大原町の隣の村なので、山に囲まれていると思われます。それに、この村の名前がこの話を思わせますね。粟がたくさん採れたのか、粟を保管する倉庫があったのか、正しいことは分かりませんがこのあたりだと思います。もし、詳しい事が分ったり知っている方がいらっしゃったらおしえてください。この話、好きなんで。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)