返信する: 各話のコメント
白狐の大芝居 についてのコメント&レビュー投稿
九州、大分県の長岩屋というところに、お常という人の良いお婆さんが住んでいました。ある日、お常さんは、峠を一つ越えた真玉(またま)の浜へ出かけての帰り道、白丸峠にさしかか...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 白狐の大芝居
投稿者: のんの 投稿日時: 2012/9/17 17:50

赤嬢と猫嬢が演じて、白嬢が大夫主(たいもと)をやっていたのでしょう。と締めくくられていますね。
大夫主(たいもと)とは芝居劇団の総責任者の事で、座長よりも上だそうです。
三匹とも「嬢」が付いているという事は「雌狐」なのでしょうね。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

39 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)