返信する: 各話のコメント
二人の甚五郎 についてのコメント&レビュー投稿
昔、飛騨の山奥に住んでいた佐吉という彫り物の上手な男が、腕試しの旅に出かけました。 旅の途中に泊まった宿屋の主人は、佐吉の腕前にたいへん感心して、彫り物の名人である左甚...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 二人の甚五郎
投稿者: マルコ 投稿日時: 2012/3/31 11:18

私も何回か日光東照宮には足を運んだことあるんですが・・・まさかあの「眠り猫」が昔ばなしに登場していたなんてぜんぜん知らなかったな~。東照宮の名物宮司さんによる東照宮案内ツアーに参加したことあります。『なぜ眠り猫は眠っているのか』という宮司さんの説明によると眠り猫が表現しているのは、次のような説があるそうですよ。
・奥社にねずみ一匹通さないように。 
・禅問答「牡丹花下眠猫児(ぼたんかかすいびょうじ)」を表した。
・裏側の雀と対で猫の裏では雀も遊べるという安定と平和を表した。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)