返信する: 各話のコメント
お釜の歌 についてのコメント&レビュー投稿
昔ある所に、爺さんとその息子が住んでいました。 ある冬の朝、かまどの釜でご飯を炊いていると、お釜が何やら歌い始めました。「古塚を掘ったら、宝がざっくざく」といった感じで...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: お釜の歌
投稿者: もげお 投稿日時: 2012/3/12 20:24

出典を見ると「ある所」は福島県の「相馬郡」となっています。

また、あらすじの「夫婦は、くやしがりまた釜が喋り出したら今度こそと釜が喋るの待っていましたがそれ以後、釜が喋る事は、なかった」というくだりはなく「釜が歌がうたうときは、すぐ紐でそのふたをゆわえつけると福がくるという、いいつたえになりました」と言うに留めています。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

42 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)