返信する: 各話のコメント
五料の地蔵さん についてのコメント&レビュー投稿
昔、五料(ごりょう)という村の原っぱにお地蔵さんがいて、村の子供たちはお地蔵さんの周りでいつも楽しく遊んでいました。 ある日、たまたま通りかかった馬子が、馬の背に乗せた...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 五料の地蔵さん
投稿者: Perenna 投稿日時: 2021/8/2 23:18

この昔話のお地蔵さんのことは、「日本の伝説27・上州の伝説」にも紹介されています。
「松井田町並みの西端新堀の西の部落五料、平の西の丸山坂のほとりに二・五メートルほどの石地蔵がある。享保年間(1716-36)藩の悪政に対し下増田の名主潮(うしお)藤左衛門は百姓庄三郎を連れて幕府に直訴、捕えられて九十九(つくも)川原で斬首となった。村民は丸山坂に地蔵を建てて供養したが、いつか首が落ちそれをある馬方が片荷ふせぎにして大阪まで持って行き捨てた。首は毎夜五料に返せと泣きつづけ、ある人が宿継ぎで五料に送ってくれたのでもとどおりになったという。泣き地蔵ともいっている。」

アニメでは村の子供たちが、お地蔵さんのまわりで楽しそうに遊んでいますが、この地蔵の由来はかなり陰惨というか、因縁のあるものだったらしいです。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)