返信する: 各話のコメント
人形山 についてのコメント&レビュー投稿
昔、越中の平村に、母親思いの仲の良い姉妹が病気の母親と三人で暮らしておりました。 二人の父親は早くに亡くなっていて、白山権現様を信仰する信心深い母親は一人で二人で娘を育...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 人形山
投稿者: Perenna 投稿日時: 2021/7/17 23:03

この昔話と似たような話が「日本の伝説24・富山の伝説」(角川書店)にも書かれています。
「流刑人哀歌」というエピソードの中で、越中五箇山に住む村娘の口を借りて語られています。

娘はそびえ立つ山を指さすと、人形山だと言った。春先、残雪の形が二人の女の手を取りかわした姿に似ているので、村人は人形山と呼ぶのだという。
「昔なァ、おっ母ァが山で刈ってて、木の枝に弾かれてめくらになったがや。娘が二人おってね。いろいろ手当てをしたがやれどさっぱりようならんがや。それでね、あの山の頂上の祠におっ母ァの願かけをしたいと登って行ったがやちゃ。どうやらこうやら頂上まで行ってね。一心に祈ったの。その帰りにね、道に迷って、そのうち雪が降ってきたのやと。とうとう二人の娘はね、雪ん中にうずもったまま死んだがや。それでね、手をつないだ二人の娘に似た雪の山になったがやとい」

この話はとても単純なものなので、女人禁制については何ら触れていません。
このアニメの昔話の出典については、もう少し別の本を調べてみたほうがよさそうですね。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)