返信する: 各話のコメント
金魚のうた についてのコメント&レビュー投稿
むかしむかし、ある海辺の村に大きな池があって、たくさんの金魚が住んでいました。村では金魚は池の主のお使いだから、もし捕まえたりしたら恐ろしい祟りがあると言い伝えていまし...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 金魚のうた
投稿者: araya 投稿日時: 2011/12/28 6:29

『若狭・越前の民話』(石崎直義,未来社)によると、敦賀市で採録された話とのこで、舞台は敦賀の浜の底浦の里にある池だとか。原題は「金魚に取憑かれた若者」で、男性が主人公になっています。
敦賀湾に面した浦底という地区がありますので、そちらの剣神社のところにポインティングしました。

http://g.co/maps/3jcbv

しかし、この話。原作を読むとスタッフの願望というかエロスというか…。主人公は女性ではないんですね(^_^)。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)