返信する: 各話のコメント
河童徳利 についてのコメント&レビュー投稿
昔、神奈川県は茅ヶ崎の西久保に、五郎兵衛(ごろべえ)爺さんという馬方が住んでいました。五郎兵衛さんはお酒が大好きで、徳利と馬をとても大切にかわいがっていました。 ある夏...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 河童徳利
投稿者: Perenna 投稿日時: 2021/6/18 23:48

この昔話は、角川書店の「日本の伝説20・神奈川の伝説」にも書かれています。
「茅が崎市西久保円蔵の小室家には、家宝の河童徳利がある。
昔、間門川の近くに五郎兵衛という百姓がいた。ある日、五郎兵衛が間門川で馬を洗っていると、馬の尻に河童がすいつき馬を川に引きずりこもうとした。五郎兵衛は、村人と河童を捕えて木に縛りつけて帰って行ったが、夜になると哀れになり縄を解いてやった。次の晩、河童が徳利をもって礼にきた。その徳利は、不思議に酒を入れないのにいくらもでてくるが、底を三回たたくとでなくなるという。
五郎兵衛は、毎日、徳利かかえて飲んだくれていた。畑は荒れほうだいになった。そんなある日、五郎兵衛が馬小屋をのぞくと、馬はなつかしげに頬をすりよせてきた。五郎兵衛は、ハッと心を入れかえて徳利の底をたたいた。そして前にもまして働くようになったという。
五郎兵衛は、文政七年(1824)正月二日に亡くなったが、河童徳利は、大山街道べり見世物になって見物にくる人でにぎわったという。」

小室家といえば、小室圭さんの父方のご実家は、藤沢市善行にあるそうです。
五郎兵衛の子孫の茅ケ崎市の小室家とは、なにか関係があるのでしょうか?

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)