返信する: 各話のコメント
千石田長者 についてのコメント&レビュー投稿
庄川のほとり、須磨の里に徳平という若者と母親が住んでいた。 ある日、よもぎ川のほとりで、立派なマスを釣り上げた子供たちと出会った。そのマスがあまりにも美しかったので、徳...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 千石田長者
投稿者: 猫 投稿日時: 2021/5/4 13:43

とてもよいお話です。
母親のなんともいえない怪訝そうな表情…
息子やお嫁さんにどのような印象を抱いていたのでしょうか…

それにしても、このお話小林治さんの作品ですよね!?先日、このお話を見た直後に同じ小林作品であるなばの泣きぜきを拝見しました。とても同じ方の作品とは思えませんでした(笑)
このお話は登場人物一人一人の表情がとても上手に描かれていますね。表情だけでものを語っているような気がします。とても絵がきれいですね。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

23 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)