返信する: 各話のコメント
猿神退治 についてのコメント&レビュー投稿
むかし、国中を旅している坊様がおりました。ある日のこと、坊様はある村にさしかかりました。その村の村人達は元気がありません。毎年秋祭りが近づくと娘がいる家に白羽の矢が立ち...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 猿神退治
投稿者: Perenna 投稿日時: 2020/12/9 2:58

この昔話の出典は、角川書店の「神々の物語・日本の民話3」ではないでしょうか?
「早太郎と人身御供」という題名です。
「正和(しょうわ)のころというから、六百五十年余りもむかしのこと。ひとりの旅の坊さんが遠江の国(静岡県)府中を通りかかったそうな。ちょうど天満天神の秋祭りで町はにぎわっておったが、何やら人々の顔は暗く、寄り合ってすすり泣く姿も見られた。」という書き出しで始まっています。

三匹の怪物たちが歌っていた歌は、次のように書かれています。
「このことばかりは知らせるな
信州信濃のこうぜんじ
早太郎に知らせるな
このことばかりは知らせるな」

また、三匹の大狒狒(ひひ)を倒した早太郎の消息については、次のように書かれています。
「早太郎は光前寺までたどり着いて死んだとも、信州へ歩き続ける途中で命を落としたともいわれている。阿多古の観音山(天竜市)の犬宮は早太郎を祭ったものという。」
しっぺい太郎やめっかい犬との関連や類似も気になるところですね。


現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)