返信する: 各話のコメント
ひょうたん長者 についてのコメント&レビュー投稿
むかし、ある村に観音様を深く信仰しているお爺さんがおった。ある日のこと、お爺さんがいつものように観音様にお参りに出かけると、観音堂の石段で大きなひょうたんが一つ、かぽん...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: ひょうたん長者
投稿者: Perenna 投稿日時: 2020/11/11 0:29

この昔話の出典は、未来社の「みちのくの長者たち」に収録されている「ひょうたん長者」(青森県)ではないかと思われます。
「昔、あるところに観音さま信心のお爺さんがあった。ある秋の宵宮に、観音堂にこもって、石段をことりことりと下りて来ると、どこからともなくヒョウタンが、ごろごろところがって来た。」という書き出しで始まっています。
ヒョウタンから出てきた金七・孫七という童子の名前で検索してみたら、以下の朗読を見つけました。
https://www.youtube.com/watch?v=If5SHgo1AhA

この昔話の元ネタは、佐々木喜善の著した「江刺郡昔話」のなかの「瓢箪の中から出た金七孫七という二人の福神童の話」らしいです。
お爺さんがお参りした観音堂は、稗貫郡太田村の清水観音となっています。
この清水観音は現在では、花巻市太田21-10に所在する音羽山清水寺らしいです。
青森県の昔話というよりは、岩手県の昔話としたほうがいいのではないでしょうか?

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)