返信する: 各話のコメント
峠のまご六 についてのコメント&レビュー投稿
昔、鎌倉街道がにぎわっていた頃、二村山の峠に「まご六」というキツネがいました。まご六は、威張りくさったサムライの髷(まげ)を上手に取ってしまう「まげとりの名人」でした。...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 峠のまご六
投稿者: araya 投稿日時: 2011/12/13 0:53

小島勝彦氏が未来社から出している本は『日本の民話66 尾張の民話』一冊となりますので、「峠のまご六」は愛知県の話となります。また、話中に鎌倉街道とあり、まご六は二村山の麓にいたとのこと。二村山は愛知県豊明市の最高地で展望台があり、71.8mの山頂には鎌倉街道が通っていたとか。峠前という地名もありますので、鎌倉街道碑のある二上山山頂でポインティングしております。

http://g.co/maps/3grka

紹介サイト http://www5.ocn.ne.jp/~matimoyo/kamakurakaidou-8.htm

むしろ、まご六がいたとされる鎌倉街道の二村山の麓くらいがいいかも…。
http://g.co/maps/g426f

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

57 人のユーザが現在オンラインです。 (9 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)