返信する: 各話のコメント
蟹淵の化け蟹 についてのコメント&レビュー投稿
昔、能登の鍋谷川の川上に鍋谷(なべたに)と和気(わけ)という村があった。上流の鍋谷に比べて下流の和気の方は昔から干ばつに悩まされ続けており、雨が三日も降らないと土地が割れる...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 蟹淵の化け蟹
投稿者: araya 投稿日時: 2011/12/12 22:40

「蟹淵の化け蟹」の原作は『加賀・能登の民話』(清酒時男,未来社)になりますが、『松谷みよ子のむかしむかし』(松谷みよ子,講談社)に「蟹の湯治」というタイトルの作品があります。その内容は「蟹淵の化け蟹」と全く同じで、武士姿の蟹が「鍋谷七ヶ村なければ和気三ヶ村おしながす」という台詞まであります。原作違いのリメイクの可能性はありますね。

話中で、鍋谷川の川沿い、下流に和気、上流に鍋谷があることが語られており、和気から一里ほどのところに蟹淵はあるとのこと。蟹淵を紹介するサイトがありましたので、そちらの地図も参考にしつつ、下記の位置でジャスト・ポインティングしました♪

http://g.co/maps/nuwws

紹介サイト http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Kaede/4065/ganbuti.htm

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

21 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)