返信する: 各話のコメント
クラゲの骨なし についてのコメント&レビュー投稿
昔、ある海辺にそれはもう仲の良い、猿と亀がいました。とはいっても二人の住むところは別々で、猿はいつかは美しい竜宮城へ行ってみたいと思っていました。 ある時、竜王の一人娘...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: クラゲの骨なし
投稿者: こんはる 投稿日時: 2020/9/22 13:56

「クラゲの骨なし」では、サルと亀は陸にいて、果物を食べた。竜宮城で亀が龍王様の頼みでサルを連れて行く事になった。酒を飲みすぎて、変態な顔に⁉︎カレイとクラゲはサルの生き肝を抜こうとしました。カレイとクラゲはクスリと笑いました。サルはお尻の音がしました。「ギーーー‼︎」サルが泣いた。カメが心配をした。猿は、「生き肝を忘れた」と嘘をついた。サルは陸に戻り、サルはカメに向かって足を投げて、甲羅の幅がたくさん入った、龍王の怒りでクラゲは、骨を1000本抜かれてしまいました。カレイは、体を二つに断ち割った。カメが猿を呼んでも彼は知らん顔だ。一人寂しく帰っていった。「サルの生き肝」では、海老と亀とタコとカニがいました。猿は陸にいると、亀はサルを連れて行きました。猿はエビとカニとタコに会いました。果物と酒がいっぱい囲まれた。猿は酒を飲みすぎてしまいました。カニとタコは猿の生き肝を食べ物にしようとしましたが、猿は思いつきました。亀に騙されたことに気がついた‼︎もっと陸まで叫んでいた。エビとカメは心配をした。猿は「生き肝を忘れた」。と「クラゲの骨なし」と同じ嘘をつきました。陸へ連れて行きました。カメは木に登る事はできない。タコの骨を抜かれたり、龍王様の怒りで、カニは横にしか歩けなくなった。エビの腰を曲がってしまいました。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

40 人のユーザが現在オンラインです。 (27 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)