返信する: 各話のコメント
かみそり狐 についてのコメント&レビュー投稿
昔、ある野原にいたずらな狐の一族が住んでいた。この狐どもは、人をたぶらかしては頭をつるつるに剃ってしまうそうだ。そんなわけで、この狐たちには「かみそり狐」という呼び名が...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: かみそり狐
投稿者: Perenna 投稿日時: 2020/8/2 23:24

似たような昔話は全国的に分布していますが、鳥取県の「髪そり狐」でしたら未来社の「鳥取の民話」にも収録されています。
「昔、山奥に大きな池があってな、この池の周りには、ようけえ狐が住んでおったちゅうわ。その狐は里に出て来ては人間を化かすちゅうことだった。ある時、一人の若い者が、「そんなばかげた話があるか。ようし、おれが行って、狐の正体を見届けてくる」って言いだした。「何を言うか、お前、頭を丸坊主にされてもええのか。あそこの狐は人の頭を坊主にする狐だが」って、みんなが止めた。」という書き出しで始まっています。
アニメでは嫁さんと赤ん坊を煙でいぶして殺していますが、民話では「赤ん坊を土間のたたきに投げつけて、頭が割れて死んでしまった」と書かれています。
伝承地は倉吉市上井だそうです。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)