返信する: 各話のコメント
舌切り雀 についてのコメント&レビュー投稿
昔、山あいの一軒家に、おじいさんとおばあさんが住んでおりました。 ある日、畑からの帰り道、おじいさんは怪我をした子雀を見つけてかいがいしく手当をしました。おじいさんは子...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 舌切り雀
投稿者: Perenna 投稿日時: 2020/7/20 21:20

この昔話の出典は未来社の「加賀・能登の民話・第二集」ではないでしょうか?
「舌切りすずめのちゅん子」という題名です。
「とんとむかっしゃ、あっとこに、こんじょよしのじいじと、こんじょわるのばあばがおったとぉ。じいじは生きものが好きで、すずめをわが子みたいに、ちゅん子、ちゅん子呼んでかわいがっておったとぉ。」という書き出しで始まっています。
出典資料として「松波古事誌」(珠洲郡内浦町松波)と書かれています。
初期版の雀の名前は「おちゅん」だったので、リメイク版ではないみたいですね。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

47 人のユーザが現在オンラインです。 (13 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)