返信する: 各話のコメント
白鳥の関 についてのコメント&レビュー投稿
昔、紀伊の国の雄の山峠という所に「紀の関」と呼ばれる関所があり、その近くに一人の男が住んでいました。この男は優しいところもある一面で、たいへん気まぐれでもありました。 ...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 白鳥の関
投稿者: Perenna 投稿日時: 2020/7/13 23:19

「今昔物語集」を調べてみたところ、「人妻化成弓後成鳥飛失語」という話を見つけました。(コマ番号310/418)
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/945416/7?tocOpened=1

妻を愛していた男がある夜夢を見て、起きてみると枕元に弓が置いてあり、妻が失踪していたそうです。
月日が経って弓が白鳥となって飛び立ち、それを追いかけて紀伊国までたどり着き妻と再会したのですが、妻はまた白鳥となって飛んでいってしまったという話らしいです。
原話はこのように単純なものです。
鶴の恩返し的な要素や男女のキャラクターの造形や関守のエピソードなどが盛り込まれたのは、話者や作者の創意工夫や脚色なのではないでしょうか?

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)