返信する: 各話のコメント
犬の足 についてのコメント&レビュー投稿
神様の国の話です。その国には、神様とたくさんの動物が楽しく暮らしていました。 神様はいつもどおり、動物たちを点呼した後、遊んでくるよう言いました。動物たちは元気に走り出...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 犬の足
投稿者: Perenna 投稿日時: 2020/7/12 22:32

この昔話と似たような話は、未来社の「紀州の民話」にも収録されています。
「犬とゴトク」という題名です。

むかし、犬は三本足で、ゴトクの足は四本ありました。
ピョコン、ピョコンと三本足で歩いている犬を見た神様が、
「犬の足が三本では不便でかわいそうじゃ。ゴトクはじっとしているから、四本もいらんだろう。一本とって犬につけてやろう」といって、ゴトクの足を一本とって、犬につけてやりました。
ほいで、犬は四本足に、ゴトクの足は三本になりました。
そのため、犬は小便をするとき、神様からもらった足にかかるともったいないと、足をあげるんやそうです。

和歌山県那賀郡貴志川町に伝わる話だそうです。
青森県の話とはどのような関係があるのでしょうか?

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

38 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)