返信する: 各話のコメント
勘作話 についてのコメント&レビュー投稿
九州の長崎の大村に実在したという、トンチの名人「勘作」さんのお話です。ショートストーリーで、4つのトンチ話が1話の中に盛り込まれています。 あらすじ 肥前の大村の日泊(に...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 勘作話
投稿者: Perenna 投稿日時: 2020/6/8 1:07

この昔話の出典は、未来社の「長崎の民話」(吉松祐一編)だと思います。
「勘作ものがたり」という題名で、7つの話が収録されています。
「長沢勘作さんは、文政のころ大村の城下から十二キロほどはなれた、三浦の日泊(ひどまり)にすんでいた侍です。」という書き出しで始まっています。
大村藩の大村純昌公に仕えた、わずか二石とりの足軽だったそうです。
絵本では「勘右衛門ばなし」と紹介されていますが、長沢勘作さんは実在した人物で、その子孫の方も西彼杵郡長与村にいらっしゃるそうです。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)