返信する: 各話のコメント
ねこ岳の怪 についてのコメント&レビュー投稿
昔、阿蘇の根子岳(ねこだけ)のあたりを一人の若者が旅をしていました。 すっかり暗くなってしまった頃、ススキ野原でどこからか人の声が聞こえてきました。若者が声のした方へ歩...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 熊本?の紅子さんにお尋ねしたいことが・・・。
投稿者: マルコビッチ 投稿日時: 2011/12/5 23:15

マルコビッチが熊本のお話で一番印象に残っているのが「ねこ岳の怪」なんですが・・・
このお話の舞台になった「ねこ岳」という山は本当にあるのでしょうか?
どんな山なのか?どこにあるのか?教えてください!!

マルコビッチが覚えている限りでは・・・

旅人が山奥を通りがかり、小さな集落で宿をとった。
部屋でくつろいでいると、仲居が「ここは猫岳です。ここで風呂に入った
り食事をしたりすると人間が猫になってしまいます。実は私は昔あなた
の隣の家で飼われていた三毛です。あなたが可愛がってくれたので、
こうしてコッソリ話してるのです。ばれると私も只では済まない。
さあ、はやく逃げて!」と耳打ちする。
半信半疑ながら逃げていると、後ろから猫顔で着物を着たやつらが
手に手にひしゃくを持ってお湯をかけながら追ってくる。
逃げおおせたが、お湯がかかった部分からは猫の毛がはえてきて、
直らなかったそうだ。

という内容と 「阿蘇山」の近くにあるらしい・・・(ハッキリしないが)
という情報だけなんですが・・・。
お願いします!!

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

54 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)