返信する: 各話のコメント
娘の寿命延ばし についてのコメント&レビュー投稿
あるところに女房がなくなって、一人娘を一歩も外に出さず、自分(父親)以外の人間とは話もさせずに大事に大事に育てている男がいた。 娘が18歳になったとき、父親のいない間に旅の坊...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 娘の寿命延ばし
投稿者: yassan 投稿日時: 2020/2/24 11:27

三国志の中にこれと似た話があると言うゲスト様の投稿ですが、私は寡聞にして三国志の話は知らないのですが、恐らくこの話の一番古い出典は六朝時代に成立した『捜神記』と思われます。

東洋文庫の日本語訳では第三巻(通巻54話)の「北斗星と南斗星」がこのお話です。内容はほとんど同じですが、捜神記の方は主人公が娘ではなく、少年になっていますね。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

59 人のユーザが現在オンラインです。 (36 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)