返信する: 各話のコメント
はなたれ小僧さま についてのコメント&レビュー投稿
昔ある所に貧しい爺さんがおり、薪を担いで売りにいったが、その日は一把も売れなかった。 帰り道くたびれ果てた爺さんは竜神さまを祀る祠の前の川で、竜神さま使ってくださいとそ...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: はなたれ小僧さま
投稿者: Perenna 投稿日時: 2019/12/30 21:38

この昔話は未来社の「肥後の民話」(荒木精之編)に収録されています。
民話の採集地は「玉名郡南関町」だそうです。
冒頭では次のように書かれています。
「関の町から、北の方に約一里ほどはなれたところに、真弓の里というところがありますが、そこに正直なおじいさんが住んでいました。
おじいさんは山から薪やら柴やらをとってきては、関の町に行ってそれを売り、ほそぼそとくらしていました。」
おじいさんが薪を流した川の名前は「関川」と書かれています。
「真弓の里」というのは、現在の福岡県みやま市山川町真弓ではないでしょうか?
この昔話は熊本県(肥後)というよりは、福岡県の話のように思えるのですが?

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

36 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)