返信する: 各話のコメント
火なたに捨てられた木の実 についてのコメント&レビュー投稿
昔、ある山に炭焼きの夫婦がおりました。この夫婦には一人の幼い娘がおり、名を「花(はな)」と言いました。 冬も近づいた秋の頃、花が炊事の用意をしていた時のことです。狐がリ...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 火なたに捨てられた木の実
投稿者: 華煌 投稿日時: 2019/11/17 8:41

わたしもきつねのことが気になりました。
ただ殺されてそのままにされたままなのでしょうか。
何か供養をしてやったのでしょうか。
木の実同様、一言でも言葉の端に乗せて欲しかったです。

花の行動を見て思ったのですが、留守番をしてしっかりしているようでも、
生きていく上での知恵が足りない気がしました。
足手まといであろうし、危険も伴うので仕事場に連れて行かないのだろうけれど、
夕食の支度ができる頃なら、両親と一緒に炭焼き場に連れて行って、
両親の行動から、生きる智慧なり、自然とのかかわり方なりを教えるのが
子どもの為にもなるのではないでしょうか。

きつねにも家族があり、子どもたちにえさを与えようとリスを狙ったのではないかと思うと、
人間が食物連鎖に傍から関わるのはどうなんだろうと疑問に感じました。
観終わって、アニメの終盤のようには気が晴れませんでした。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

31 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)