返信する: 各話のコメント
鳥になった傘屋 についてのコメント&レビュー投稿
昔、河内の国に傘屋の政やん(せいやん)という若者がいた。両親も無ければ兄弟もない、一人ぽっちのセイやんは、朝から晩まで傘を張る仕事をしていた。 ある日、風に飛ばされた傘...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 鳥になった傘屋
投稿者: カケス 投稿日時: 2019/9/1 16:51

お話のラストで、政やんの「人殺しの道具は作りたくない」というセリフが印象深いです。それまでは笑ってみていられるお話ですが、この一言で考えさせられる話に一変します。
政やんは空飛ぶ傘を「人生を楽しむための道具」として、作ったのでしょう。しかし殿様はそうではありませんでした。戦の役に立つと思ってしまったのです。
酒屋さんもおっしゃっていますが、本当にダイナマイトを発明したノーベルや、結果的に核兵器開発に貢献することとなってしまった、アインシュタインに通ずる精神であるような気がします。
ラストは大好きな鳥たちと、傘で旅ができるようになってよかったねと思いました。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)