返信する: 各話のコメント
稲むらの火 についてのコメント&レビュー投稿
昔、和歌山の広村に儀兵衛(ぎへい)という男が住んでいました。生来の恥ずかしがり屋のため30歳すぎても独身でしたが、隣に住む綾(あや)さんが大好きでした。 ある夏の夕暮れ、...…全文を見る

題名:
ユーザ名
投稿本文

オプション


以下参照(以下のコメントに対して返信しようとしています)
Re: 稲むらの火
投稿者: JPC 投稿日時: 2019/7/27 22:31

最近調べて、安政地震の実話に取材した話と知りました。
作中に地震が発生した時、主人公いわく「昨日も地震があったが…」という台詞も、
1854年末に東海・南海と2日連続で大地震が発生した史実と符合しています。
こうして昔話を掘り下げていくと、意外な事実を再発見できて面白いですね。
『みちびき地蔵』も1896年の話ですし、昔話といっても存外近世の話もあるのが意外でした。

現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (15 人のユーザが レビュー&コメント投稿 を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)