ホーム >  原作調査(出典本を調べる) >  日本の民話(未来社) >  日向の民話 第二集(日本の民話43宮崎)
日向の民話 第二集(日本の民話43宮崎)
この書籍の中のお話から 奇しき色の大鹿(0203)、かくれ蓑かくれ笠(0363)、鵜戸さん参り(0376)、福面と小判(0428)、血泥が池の善左衛門(0888)、赤猫(1236)原題:ばあさんに化けた赤猫、がアニメ化されました。
書籍名日向の民話 第二集(日本の民話43宮崎)
編著名比江島重孝
出版社未来社(ほるぷ版だと第23巻)
発刊日1967年12月20日
管理番号mrnm43
※掲載情報は 2015/5/4 21:51 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
収録数62話
収録数62話

目次(仮掲載)

これはどっこい,祝いめでたや若松さまよ,福面と小判,竜宮土産の三毛猫,つゆおか寺,鵜戸さん参り,大木におかげなし,蛸取り八左衛門,奇しき色の大鹿,小間物屋彦兵衛,三人兄弟,千石船に米千石,蛇女房,生命の恩人,金の神様,血泥が池の善左衛門,ばっちょ笠,ああはくしょんブー,その手は食わん,鉢引きの馬,エビの腰はなぜまがった,かくれ蓑かくれ笠,馬鹿どんの大阪見物,首のおめしかえ,ながしみじかし,とろんことんとん,月毛の馬,鮎の塩から,馬と古ナベ,狐の嫁入り,天狗さまの鼻はなぜ赤い,河豚料理,殿の稚児,ほら吹き,八畝六歩,十六把,キンスの鼻は切られ損,とくぞすのつけ,天狗の鼻はなぜ高い,尻あぶり,茅屋根ふき,蜘蛛の巣に踏み臼,ぼんぜん猿,飛脚と狼,ばあさんに化けた赤猫,アッパ正右衛門,文吉の変化退治,火車がつかむ,もういいかい,猫股,由井正雪,朱塗りの杯,ひょうすんぼ,盗人の法,河童のくすり,タコと蛇,カラスと猫どん,ぬすと猫,松八重婆,本流瀬,白見と銀鏡,穂北

カテゴリ内ページ移動 ( 79  件):     1 ..  40  41  42  43  44  45  46  .. 79    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

34 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)