ホーム >  原作調査(出典本を調べる) >  名作文庫シリーズ(平凡社) >  白鳥になった皇子(名作文庫 第15巻)古事記
白鳥になった皇子(名作文庫 第15巻)古事記
書籍名白鳥になった皇子(名作文庫 第15巻)古事記
編著名直木孝次郎
出版社平凡社
発刊日1979年08月20日
管理番号heibon15
※掲載情報は 2015/5/5 16:39 現在のものです。内容が変更になる場合もありますので、あらかじめご了承ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このページを印刷
古事記の現代語訳
古事記の現代語訳

目次

【上巻】
天地のはじめと地底の国(イザナキ、イザナミの物語),天の岩屋(イズメノ命のてがら),八俣の大蛇(スサノオノ命の冒険),因幡の白うさぎ(苦難と戦うオオクニヌシ),国ゆずり(三人めはタケミカズチノ神),高千穂の峰(天くだる神がみ),海の神の宮殿(海幸、山幸と釣り針)

【中巻】
戦うイワレビコノ命(苦難の大和平定),イスケヨリ姫の苦心(タギシミミの反乱),はじめて国を治めた天皇(三輪の大神とタケハニヤスヒコ),垂仁天皇とサホビコの反乱(サホ姫の涙),白鳥になった皇子(ヤマトタケルノ命),オキナガタラシ姫の冒険(荒波をのり越えて),宇治川の戦い(天皇の位をめぐって),アメノヒボコと赤い玉の女(新羅からきた王子),イズシオトメと藤の花(約束を破るとどうなるか)

【下巻】
イワノ姫の愛と怒り(仁徳天皇と后たき),皇子の反乱(不意打ちとだまし打ち),流された皇子(兄と妹の愛情),三輪川のおとめ(雄略天皇の約束)

※この書籍情報は、紅子が実際に書籍を手にして内容をざっと確認したものです。(2012年8月現在)

カテゴリ内ページ移動 ( 20  件):     1 ..  12  13  14  15  16  17  18  .. 20    
現地関連情報
出典本調査 facebook
Twitter

オンライン状況

24 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 原作調査(出典本を調べる) を参照しています。)

新着コメント(コメント24件)